iPad を 医療で利用する際の 問題点

iPad を 医療で利用する際の 問題点 はセキュリティ

medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -

iPad を 医療で利用する際の 問題点

Manhattan Research(ヘルスケアマーケットの調査会社)の
調査によれば、
iPad が発売されてからたったの1年で
アメリカの医師の約30%がiPad をすでに使用しており、
さらには28%が半年以内には購入を検討していると
答えたそうです。

医師が iPad を気に入って、急速に導入するなかで、
浮上してきた 問題 はやはり セキュリティ 。

iPad を 医療で利用する際の 問題点

iPad は医師個人が購入・所有する場合が多いので、
病院側が、各医師の iPadにインストールする
ソフト(アプリ)を一元管理できないことが
セキュリティ対策が不十分となる要因となっているようです。

アンドロイド携帯とは違い、
iPad には現在のところマルウェアはなく、
セキュリティソフトは販売されていません。

ですから、iPadを使っているうちに知らないうちに
ウイルスに感染して勝手にデータを悪用された!
ということになる可能性はきわめて低そうです。

ただし、盗難や紛失を考えて、
患者さんの個人データはiPadではなくサーバーに置いたり、
クラウドベースのアプリを利用する必要があります。

また、安全を考えて パスコード を設定しておくのも
セキュリティ対策になりますね。
パスコード設定方法

iPad を紛失してしまっても、
「iPadを探す」機能をセットアップしていれば
GPSでiPadの位置をチェックしたり、
iPadの画面に「このiPadを探しています。
見つけた方は(電話番号)までご連絡をお願いします」
というメッセージを表示することができます。
「iPad を探す機能」のセットアップ方法

一度の設定で安心してiPadを利用できるようになるので
ぜひお試しください^^


参考: Doctors Love the iPad. But What's the Prescription for Tablet Security?


2011年8月12日   このエントリーをはてなブックマークに追加
 

カテゴリ


iPadを持ってるけど、どのアプリを使ったらいいのかわからない??
医療アプリ 300本 を紹介した共著本が出版されました!
お近くの書店にございましたら、ぜひ手にとってご覧くださいm(_ _)m

絶対使える医療系iPadアプリ300
絶対使える医療系iPadアプリ300

前の記事 ⇒ iPhone/iPad にデータを自動記録する Withings 血圧計 が欧米で発売
次の記事 ⇒ いつの日か医師がアプリを処方する日が来るかも?ワイヤレスボディエリアネットワーク

医療 IT のRSS  医療 IT Atom (Atom) 医療 IT RSS 2.0 (RSS 2.0)

新着記事 一覧
vCath:側脳室へのカテーテル挿入術を練習できるiPad無料アプリ
vCath:側脳室へのカテーテル挿入術を練習できるiPad無料アプリが脳神経外科手術の練習向けにイギリスのバンゴール大学がリリースしました
Dropbox で iPadの写真やキャプチャ画像をパソコンに保存する方法
Dropbox で iPadの写真やキャプチャ画像をパソコンに保存する方法をご紹介します。
思考でコントロールできる義手:初めての埋め込み手術が行われる スウェーデン
思考でコントロールできる義手:初めての埋め込み手術が行われる スウェーデン
Apps for healthcare Professionals:iTunesに医療従事者向けアプリ専門のカテゴリが登場
Apps for healthcare Professionals:iTunesに医療従事者向けアプリ専門のカテゴリが登場
Argus II人工眼システム:網膜色素変性症患者の視力を取り戻すバイオニック・アイ
Argus II人工眼システム:網膜色素変性症患者の視力を取り戻すバイオニック・アイ
365日 腹筋アプリ SitApp:角度センサーで腹筋をカウントしてくれる / iPhone iPad アンドロイド
365日 腹筋アプリ SitApp:角度センサーで腹筋をカウントしてくれるアプリで腹筋を割ろう! / iPhone iPad アンドロイド
MYOアームバンド:実際に触らなくても物を動かせるマジックのような装置がまもなく発売
実際に触らなくても物を動かせるマジックのような装置「MYOアームバンド」がまもなく発売されます。
GymPact : ジムに行くとお小遣いがもらえるiPhone/iPad/アンドロイドアプリ
ジムをさぼらずに予定どおり通うとお小遣いがもらえるiPhone/iPadアプリが注目になっています。
teamLabBody -3D Motion Human Anatomy :生きた人間の関節の動きを再現した3D人体解剖学iPadアプリ
生きた人間の関節の動きを再現した3D人体解剖学iPadアプリ 「 teamLabBody -3D Motion Human Anatomy 」がまもなくリリースされます。
予防接種スケジューラー : 不活化ポリオワクチンも対応!アンドロイド/iPhoneアプリ
予防接種スケジュールの管理に使える『予防接種スケジューラー』iPhone Android版 無料
トップページへ

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -

Related Posts with Thumbnails