プロトンポンプ阻害薬 PPI で 骨折 と 感染症 増加 の可能性 - 治療 消化器

海外の 消化器 疾患の 治療 について

medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -

プロトンポンプ阻害薬 PPI で 骨折 と 感染症 増加 の可能性

Archives of Internal Medicineにて発表された諸試験によれば、
プロトンポンプ阻害薬 ( PPI )は、
毎年1億1,340件処方されており、
出血性潰瘍などの症状に重要な薬剤ではありますが、
消化不良の程度で服用するのはリスクが高すぎるそうです。

というのも、 PPI を服用すると、
骨折 や 細菌感染 が増加するようなのです。

PPI プロトンポンプ阻害薬 骨折 感染症

プロトンポンプ阻害薬 PPI で 骨折 と 感染症 増加 の可能性 の続きを読む

介護 者の半数に ストレス による 過敏性腸症候群 の 症状

慢性疾患患者の長期 介護 を続けている介護者の約半数が
過敏性腸症候群 に罹患していることがわかりました。

おそらく長期間の 介護 による ストレス が
原因ではないか、といわれています。

過敏性腸症候群 ストレス

介護 者の半数に ストレス による 過敏性腸症候群 の 症状 の続きを読む

ワーファリン で上部消化管出血リスク増加

ワーファリン を服用している患者に対して、
尿路感染の治療に cotrimoxazole (米国では
トリメトプリム・スルファメトキサゾール )を使用すると、
上部消化管の出血リスクが有意に高まることがわかりました。

ワーファリン で上部消化管出血リスク増加 の続きを読む

その他の「治療 消化器」の記事
トップページへ

Copyright (C) 2010 All Rights Reserved medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -