転倒 を検知する アンドロイド アプリケーション iFall

iFall という 転倒 を検知するアプリケーションが開発されています

medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -

転倒 を検知する アンドロイド アプリケーション iFall

転倒 は高齢者にとって大いなる脅威です。

転倒 の仕方が悪いと、生活に支障ができたり、
自活ができなくなったりします。

また、転倒 の原因になった症状や、転倒 による傷害は
命にかかわる場合があるため、
すみやかに病院に搬送される必要があります。

そこで、転倒 を検知し、すみやかに病院に搬送されるよう
アラームを鳴らす ケイタイ 用 アプリケーション が
開発されています。

iFall アンドロイド
画像:medGadgetより

この 転倒 検知 アプリケーション iFall を開発しているのは
Florida State Universityのチーム。

アンドロイド 端末用 アプリケーションで、
iPhone でもまもなく利用できるようになるとのことです。

iFall ソフトウェアは、
アンドロイド 携帯電話の三軸加速度計を利用して、
電話の場所、位置、動きをモニターします。

この アプリケーションでは、携帯ユーザの身長、体重、
電話携帯位置情報を登録しておくことで、
電話の動きを感知して、転倒 が起こったかどうかを
判断するそうです。

iFall アプリ では、転倒が検知されると、
まずバイブレーションやLED/スクリーンの点滅、
アラームなどでユーザに知らせ、
ユーザが携帯に何らかのアクションを起こさないと、
転倒 が起こったと判断されて、
あらかじめ登録されていた連絡先にテキストメッセージと
GPS座標が送信されるようになっています。

その後、連絡先の人は転倒した人に直接話しかけることができますが、
もし連絡に出られない場合は、緊急サービスの人が
代わりに連絡をしてくれるんだそうです。

携帯が動いたぐらいで転倒したと判断されては
毎日そっと歩かないといけないんじゃないか!と思ったのですが^^;
その点はアルゴリズムや閾値を調整することで、
本物の 転倒 のみを検知できるよう工夫されているそうです。

iFall は現在テスト段階で、まだ実用化はされていないそうです。

高齢化が進む日本でも、活躍する日が来るかもしれませんね。

Florida State University team studying android app that could save lives


2010年4月27日

カテゴリ


iPadを持ってるけど、どのアプリを使ったらいいのかわからない??
医療アプリ 300本 を紹介した共著本が出版されました!
お近くの書店にございましたら、ぜひ手にとってご覧くださいm(_ _)m

絶対使える医療系iPadアプリ300
絶対使える医療系iPadアプリ300

新着記事 一覧
vCath:側脳室へのカテーテル挿入術を練習できるiPad無料アプリ
vCath:側脳室へのカテーテル挿入術を練習できるiPad無料アプリが脳神経外科手術の練習向けにイギリスのバンゴール大学がリリースしました
Dropbox で iPadの写真やキャプチャ画像をパソコンに保存する方法
Dropbox で iPadの写真やキャプチャ画像をパソコンに保存する方法をご紹介します。
思考でコントロールできる義手:初めての埋め込み手術が行われる スウェーデン
思考でコントロールできる義手:初めての埋め込み手術が行われる スウェーデン
Apps for healthcare Professionals:iTunesに医療従事者向けアプリ専門のカテゴリが登場
Apps for healthcare Professionals:iTunesに医療従事者向けアプリ専門のカテゴリが登場
Argus II人工眼システム:網膜色素変性症患者の視力を取り戻すバイオニック・アイ
Argus II人工眼システム:網膜色素変性症患者の視力を取り戻すバイオニック・アイ
365日 腹筋アプリ SitApp:角度センサーで腹筋をカウントしてくれる / iPhone iPad アンドロイド
365日 腹筋アプリ SitApp:角度センサーで腹筋をカウントしてくれるアプリで腹筋を割ろう! / iPhone iPad アンドロイド
MYOアームバンド:実際に触らなくても物を動かせるマジックのような装置がまもなく発売
実際に触らなくても物を動かせるマジックのような装置「MYOアームバンド」がまもなく発売されます。
GymPact : ジムに行くとお小遣いがもらえるiPhone/iPad/アンドロイドアプリ
ジムをさぼらずに予定どおり通うとお小遣いがもらえるiPhone/iPadアプリが注目になっています。
teamLabBody -3D Motion Human Anatomy :生きた人間の関節の動きを再現した3D人体解剖学iPadアプリ
生きた人間の関節の動きを再現した3D人体解剖学iPadアプリ 「 teamLabBody -3D Motion Human Anatomy 」がまもなくリリースされます。
予防接種スケジューラー : 不活化ポリオワクチンも対応!アンドロイド/iPhoneアプリ
予防接種スケジュールの管理に使える『予防接種スケジューラー』iPhone Android版 無料
トップページへ

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -

Related Posts with Thumbnails