患者 個人情報 の紛失原因 と 対策

患者様 の 個人情報 を紛失したいための対策について

medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -

患者 個人情報 の紛失原因 と 対策

最近では、 iPad 、 iPhone といった スマートフォン 、
ノートパソコン、ケイタイ電話など、
小型の電子機器が増えてきました。

アメリカではそれに伴い、電子機器を紛失して、
患者 個人情報 をなくしてしまうという事件も
増えているようです。

患者 個人情報 の紛失原因と、その 予防 対策 がありましたので
ご紹介します。

患者 個人情報 の主な紛失原因は、ハッカーや泥棒に盗まれることではなく、
残念ながら単なる置き忘れのようです。

電子機器の小型化により、持ち運びが可能となったことから、
どこかに置いたまま忘れてきてしまう、ということが
起こるようになりました。

データ保護ソリューション会社が2009年に実施した調査によれば、
半年間で、タクシーにモバイル機器が置き去られた件数は12,500件、
クリーニングに出したズボンのポケット内にUSBメモリーが入っていた件数は
4,500件だったとのことです。

ほとんどの人は、モバイル機器に入っているデータを保護していないため、
一度紛失してしまえば、誰でもデータにアクセスすることができてしまうようです。

携帯電話を落とすだけでも、データを元通りに登録しなおしたり、
Health Insurance Portability and Accountability Act
(HIPAA ; 医療保険の携行と責任に関する法律:電子化された医療情報の
プライバシーとセキュリティー保護に関する法律)に
遵守するには、膨大な時間とコストがかかります。

最近では、HIPAAがより厳しくなり、
たとえば、2009年2月18日以降、個人情報保護違反をした場合、
最高民事制裁金が25,000ドルから150万ドルへと跳ね上がりました。

電子機器の紛失により多額の制裁金を支払わなくても良いようにするには
どうしたらよいのでしょうか?

専門家は、次の2つの方法を提案しているようです。

1つ目は、簡単に個人情報を失うことがないように
データを取り扱う/保管する方法を安全なものにすること。

たとえば、データをUSBメモリーにコピーできなくして、
デスクトップ型のパソコンでしか閲覧できないようにすることも
効果的なようです。

もう1つは、電子機器を落としても、データを簡単にみられないよう
パスワードで保護したり、暗号化しておくこと、だそうです。

HIPAAの規定によれば、個人情報を紛失しても、
データをアクセスできない状態(暗号化されている状態)であれば、
患者様 に電子機器を紛失したことを報告する義務はないそうです。

それでも、データを暗号化している医療関係者は、
わずか39%ということです。

実際に紛失するまで、
データ保護など必要ないと思っている人が多いようです。

その他の方法としては、
スマートフォンにソフトウェアをダウンロードすれば、
スマートフォンを紛失したときに電話をかけるだけで、
全データを自動的に消去できるソフトウェアもあるそうです。

また、GPS機能が搭載されていて、
紛失しても場所を特定できるものも開発されています。

iPhone や iPad の登場により、
ますます持ち運びが便利になってきましたが、
その結果、紛失に対する備えも必要になりそうです。

Data security breaches often triggered by carelessness


2010年4月12日

カテゴリ


iPadを持ってるけど、どのアプリを使ったらいいのかわからない??
医療アプリ 300本 を紹介した共著本が出版されました!
お近くの書店にございましたら、ぜひ手にとってご覧くださいm(_ _)m

絶対使える医療系iPadアプリ300
絶対使える医療系iPadアプリ300

新着記事 一覧
vCath:側脳室へのカテーテル挿入術を練習できるiPad無料アプリ
vCath:側脳室へのカテーテル挿入術を練習できるiPad無料アプリが脳神経外科手術の練習向けにイギリスのバンゴール大学がリリースしました
Dropbox で iPadの写真やキャプチャ画像をパソコンに保存する方法
Dropbox で iPadの写真やキャプチャ画像をパソコンに保存する方法をご紹介します。
思考でコントロールできる義手:初めての埋め込み手術が行われる スウェーデン
思考でコントロールできる義手:初めての埋め込み手術が行われる スウェーデン
Apps for healthcare Professionals:iTunesに医療従事者向けアプリ専門のカテゴリが登場
Apps for healthcare Professionals:iTunesに医療従事者向けアプリ専門のカテゴリが登場
Argus II人工眼システム:網膜色素変性症患者の視力を取り戻すバイオニック・アイ
Argus II人工眼システム:網膜色素変性症患者の視力を取り戻すバイオニック・アイ
365日 腹筋アプリ SitApp:角度センサーで腹筋をカウントしてくれる / iPhone iPad アンドロイド
365日 腹筋アプリ SitApp:角度センサーで腹筋をカウントしてくれるアプリで腹筋を割ろう! / iPhone iPad アンドロイド
MYOアームバンド:実際に触らなくても物を動かせるマジックのような装置がまもなく発売
実際に触らなくても物を動かせるマジックのような装置「MYOアームバンド」がまもなく発売されます。
GymPact : ジムに行くとお小遣いがもらえるiPhone/iPad/アンドロイドアプリ
ジムをさぼらずに予定どおり通うとお小遣いがもらえるiPhone/iPadアプリが注目になっています。
teamLabBody -3D Motion Human Anatomy :生きた人間の関節の動きを再現した3D人体解剖学iPadアプリ
生きた人間の関節の動きを再現した3D人体解剖学iPadアプリ 「 teamLabBody -3D Motion Human Anatomy 」がまもなくリリースされます。
予防接種スケジューラー : 不活化ポリオワクチンも対応!アンドロイド/iPhoneアプリ
予防接種スケジュールの管理に使える『予防接種スケジューラー』iPhone Android版 無料
トップページへ

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -

Related Posts with Thumbnails