腹圧性尿失禁 に対する2種類の スリング術 :有害事象に差 - 治療 泌尿器科

medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -

腹圧性尿失禁 に対する2種類の スリング術 :有害事象に差

女性 の 腹圧性尿失禁 に対する 2種類の外科手技である、
恥骨後式 ( retropubic ) と 経閉鎖孔式 ( transobturator )の
中部尿道スリング術では、
成功率 が客観的に同等であることがわかりました。

ただし、有害事象には差があったということです。

腹圧性尿失禁 スリング術

腹圧性尿失禁 に対する2種類の スリング術 :有害事象に差 の続きを読む

その他の「治療 泌尿器科」の記事
トップページへ

Copyright (C) 2010 All Rights Reserved medTech News - 医療アプリ & 医療機器 -